事業譲渡を検討している方へ

m&a.com

合併についての詳細情報

ビジネス

譲渡するメリット

譲渡することでまず会社を存続させることができます。廃業となれば、従業員の雇用のリスクがありますが、譲渡となれば従業員はそのまま雇用という方で移ることができるのです。また、これまでに共に頑張ってきた取引先とも契約を打ち切ることなく、引き続きやり取りをすることができるのです。会社として大きくなることで、更に飛躍するチャンスを掴める可能性が出てきます。

事業継承問題を解決できる

事業継承問題の解決することができるのです。後継者問題を抱えている企業というのは65%にのぼっているのです。そして、そのまま後継者が見つからずに廃業してしまった場合には、商圏や技術、ノウハウが台無しとなるのです。また、従業員の雇用や取引先への影響も深刻なため、会社を存続させるためにも友好的なm&aが必要なのです。

企業の存続と発展と社員の成長

m&aで上場企業などが経営資源の豊富な企業がグループに加わることにより、販略の拓大・円滑な資金調達など、自社の弱点を補うことができるのです。その結果、騎乗体質の強化を実現することができるのです。社員にとても事業を拡大の現状や研修などを通じて、仕事を前向きに取り組むことができるのです。

創業者利潤の確保と個人保証解除

経営者が先行き不安と感じるのであれば、m&aがとても有効なのです。創業者利潤の実現方法というのが、m&aなのです。m&aは資産評価で有利な上に、分離課税で税率を抑えることができるので、経営者にとっては有利なのです。また、経営者が会社の借入金に対して、個人保証や担保提供している場合には、m&a後に解除することができます。

m&aについての口コミ情報

m&aはとても簡単。

様々な企業がm&aを活用しているため、今回初めて利用してみました。すると1からの立ち上げではないため、短期で収益を上げることができたのです。

買収されました。

勤めている会社は別の企業に買収されましたが、もし、買収されていないことを考えると倒産していた可能性があったので、本当によかったです。

海外の企業とも提携することができる。

国内に限らす、海外の企業と合併することができました。これからはグローバル化とし注目されているので、今後の成長が楽しみです。

初めてm&aを利用しました。

m&aが初めての私でも、担当したスタッフの方の説明がとても分かりやすかったです。今後の会社の成長を見据えて最適な選択を行っていきたいと思います。

マッチング率がすごい!

幅広いジャンルのネットワークを持っているため、自分の目的に合った企業を紹介してもらいました。その結果、今まで以上に成長することが出来きています。